債務整理費用が払えない方も借金の返済にお困りであれば弁護士、司法書士に相談してみましょう

債務整理後のクレジットカードの作成や住宅ローンなどを組む事はできるのか?

債務整理とは

借金も問題を法的に解決する方法

債務整理のメリット、デメリット
債務整理とは、多額の借金を抱えてしまい返済に困っている人が行う、法的に借金の内容を見直し、無理のない生活をしながら借金の問題を解決していく事を言います。

債務整理の方法は4つあり、1番有名なのが自己破産です。自己破産は免責決定が下されると、債務者は借金の返済義務を免責される事が特徴です。

しかし、デメリットもあり、10年以上金融機関と取引ができなくなり、財産をすべて没収されます。このようなデメリットがあると分かっていても弁護士に債務整理を依頼する人が多いという事は、デメリット以上のメリットがあるという事になりますよね。

やはり最大のメリットは借金が減額される、完済する事ができるということでしょう。この他にも専門の弁護士に依頼することで、借金問題という難しい問題を任せる事ができ、金融業者との交渉や難しい手続をしてくれる事ですね。

この交渉や手続は、素人ではかなり難しい事で、自分でするとなるとまずは勉強しなければなりません。早く借金問題を解決したい状況なのに、法律の勉強をしていてはかなり時間がかかってしまい、金融業者との交渉も自分に行う事になり、交渉しようとしても金融業者は相手にしてくれない事がほとんどになります。

この事を考えると専門の知識を持った弁護士に任せた方がずっと楽ですし、ちゃんとした債務整理を行ってくれるので、安心して任せる事ができます。もちろん債務整理を弁護士に依頼することで費用がかかりますが、借金が減額・完済される事を考えるとあまり苦ではないと思います。精神的にも解放されますし、安定した生活を送る事ができますので、弁護士に依頼している人はかなり多くなっています。

債務整理する事を考えている人は、依頼する、しない関係なく弁護士事務所に相談してみましょう。相談料は無料となっていますので、気軽に相談する事ができます。弁護士が親身になって相談にのってくれ、あなたにとって1番最適な債務整理方法を一緒になって考えてくれるので、1人で悩んでいるより時より解決する道がたくさん見出すことが可能になります。借金問題を解決するには、まず相談する事ですね。

また、借金を長期間返済している人や完済している人の中で過払い金が発生している人もいます。この過払い金は完済後10年以内に請求しないと時効となって染ましますので、自分にも過払い金が発生している可能性がある方は弁護士二相談してみましょう。年百万円という大金を返還された方も少なくはありません。

詳細はこちらへ➡過払い金請求 法律事務所 ランキング

●借金の返済ができない状態になったら弁護士に相談

弁護士は法的に救済する方法を熟知している

借金をした理由は人により様々で、返済額や金利も人によって異なります。しかし、全ての人に共通して言えることは、原則として借りたお金は返さなくてはいけないということです。 そこで、借金のある人は、まず自分の生活における収支を見直しましょう。一体、いくらの収入があり、最低限必要な支出はいくらなのか把握すれば、一ヶ月に返済できる金額が計算できます。 

一ヶ月に返済できる金額が計算できたら、次は借金の内容を検討します。複数の会社から借金している場合には、金利の高い会社への返済を優先します。最近では、「おまとめローン」を提供している金融機関も数多く存在しているので、債務の一本化により毎月の支払額が軽減できないか検討してみること は有効です。 こうして、自力返済を検討しても、借金返済への道筋が見えてこない場合には、法律の専門家である弁護士さんに相談してみましょう。

自力で返済できないような多額の借金を抱えてしまった時は、一人で悩んでいても良い結果は生まれません。現代社会には債務整理をはじめとする様々な法的救済方法が用意されており、弁護士さんはこうした法的手段を熟知しています。

個人個人の債務の内容をしっかり把握し、その人に合った救済方法を示してくれるので、多くの多重債務者が弁護士さんにより救済されています。 借金の返済が滞ったからと言って、人生が終わる訳ではありません。まず、弁護士さんに相談して借金返済への道筋を示して貰った上で、新たな生活への第一歩を踏み出していく ことが大切です。